晩秋の袋田へ

 

茨城県は袋田温泉に行ってきました。

しばらく続いた看病生活でちょっと無理な体勢が多かったため、わたくしのガラスの腰がちょっとアヤシクなってきたので。この辺で温泉のお世話になっておこうかと。

 

この場所を訪れるのは、これで4度目。
4回も来るほどここが好きなのかっていうと、ま、別にそこまでってワケでもないのですがw
わたしたちがここ以外の温泉地をほとんど知らないってことと、ほかの場所を熱心に調べるほどの甲斐性がなかったっていうのが大きいかなぁ。(え。そ、そんな理由?)

それとね。実をいうと、もうひとつ。
元ちの闘病中に、わたしがとてもお世話になった友人がこの近くに住んでいるので。
彼女にお礼を言いに行こうと思ったのも、目的地をここに決めた理由のひとつでした。

ここには、元ちとも一緒に来たことがありました。2012年11月と、2014年10月の2回、かな。思い出の場所でもあります。

 

晩秋の常磐路。駐車場に車を止めて、観光客で賑わう滝への道を歩きます。

周囲の景色を眺めながら歩いているうちに、なんだか気分が悪くなってきました。
元ちがいなくなってから、下ばっかり見て歩いてたせいでしょうか。久しぶりに目にする明るい景色があまりにも強烈で、受け止めきれなかったのかもしれません。

軽い脳貧血を起こしたときのような目眩に悩まされつつ。
少し目線を落として、ゆっくりゆっくり歩きました。

 

観瀑台からの景色です。
水しぶきをすぐそこに感じることができ、かなりの迫力。

この滝の観瀑台は、歩いて行けるこの場所ともう一カ所。エレベーターで上がったところからも滝の景色を楽しむことができます。

写真のこの場所は犬連れでも入場OK。
エレベーターはペット不可のため、前回来たときにはぱんだくんと交替で上からの景色を眺めたのでした。
ぱんだくんが上に行ってる間、元ちとここで滝を眺めていました。
あのときは、ここで。わたしのすぐ横に。うん。横に。

 

 

観瀑台から滝を眺めた後、滝のすぐ横にある月居山(「つきおれさん」と読むそうです。へ~)ハイキングコースへ。
かなりの傾斜をひたすら登っていく、なんかの罰ゲームみたいなコースです。

このコースね、袋田に来るたびにチャレンジしてるんです、わたしたち。モノズキだなw

初めて来たときには、わたしの体力が全然もちませんでした。登り始めて間もなく、あっという間に唇マッサオでチアノーゼみたいな状態となり、とっととリタイアしました。

前回、3年前に元ちと一緒に来たときはね。
ぱんだくんに連れられてたったかたったかゴッキゲンでのぼっていく元ちを追って。
さらに、ところどころで足を止めて振り返り「おかさん 早くこ~い。でち」と待ってくれる元ちに励まされて。
私もなんとかかんとか、コースを制覇! そりゃもう、アナタ。すんごい達成感でしたともさ。
※ちなみに、かなりのご年配ながら元気に歩きとおしてる方も少なくないようです。えへへ

そして今回は、またもやギブアップ。
車を降りた直後から続いていた目眩も手伝って、早々に諦めて引き返しましたよ。コンジョなしが(^^;

元ちがいなくなってしまう前、最後の頃にはもう、おさんぽの距離もだいぶ短くなっており。
さらに元ちがいなくなってしまってからは、おさんぽの必要もなくなったので。
わたくし、毎日の運動量が激減しました。

これまで自転車で行っていた買い物なども、できるだけ歩くようにはしているのですが。それでもやっぱりほら、ねぇ。
あっという間に、体力もすっかり落ちますわね。


この日は、滝の近くに宿を取っていました。
犬連れOKの宿はこのあたりではみかけないため、元ちと一緒にこの滝を見にきたときは、日帰りでした。もちろん、温泉もなし。
今は元ちがいないので、普通に宿泊できます。

別の場所で、犬連れOKのお宿に止まったことも何度かありますけども。そのときは食事が部屋出しのところか、犬を連れて行けるレストランのあるところしか選べなかったし。
温泉があったって、ぱんだくんとふたりで同時に部屋を空けて大浴場にのんびり浸かりに行くなんて、考えられなかった。
元ち、おうちや車でのお留守番は大丈夫でしたが、知らない場所でひとりにはできなかったからね。

今回の旅では、急いでお部屋に帰らなくちゃなんてこれっぽっちも考えずに、ゆったりのんびり。
温泉だって夜2回、朝も2回、とろけるほどひたってきましたよ。ふふふん。ダシ出ちゃったかもね、あたしw

そうそう、お昼だってね。
前回来たときは田舎家風のおそば屋さんにお願いして、元ちと一緒に縁側みたいなところで細々と食事をさせてもらったんです。
その前のときはね、元ちは車でお留守番だった。私たちだけ大急ぎでお店に飛び込んで、おそばをすすり込んだ記憶が。
それに引き替え今回は、ネットでみつけた人気のお店で。1時間半以上も並んだ挙げ句、奥久慈しゃも丼なんつーのをいただいちゃいましたんですよ、オクサン!(ま、そんなに待つなんて知らなかったのでなんとなく待っちゃいましたが。最初からわかってたら、多分行かなかったな。とかいうのは、こっちにおいといてぇ)

それ以外にもね。
そもそも、おでかけのときからして、アレよ。
げんげん起きて、ほら。出発前におちっこさんぽ行ってこないとぉ! ってかフード、日数分ちゃんと用意したっけ? あ、元ちのお布団も忘れないでね。水入れは車に積んでくれた? うひー、足拭きシート忘れたぁぁぁぁ! で大騒ぎ。
出発したらしたで、PA/SAが近づくたびに、元ちまだ大丈夫かな、そろそろ休憩入れないとまずいかな、なんて心配したり。PAまでだいぶ間があるのに、おヨダが増えてはぁはぁいってきちゃったよ、どうしよう。元たんあとちょっと頑張れぇぇぇぇなんて青くなったり。
そういうの、なんもいらないんです。

らくち~ん。犬のいないおでかけって、こんなに楽ちんだったかなぁ。
ほんとにらくちん。なんにも考えずに、人間だけの都合で動けるのって、すっごくらくち~ん♪

 

・・・でもね。
元ちと一緒のおでかけの方が、いちおくばいくらい、楽しかったんだよ。

 

 

この季節、袋田の滝では日没から20時までライトアップが行われているという情報を、事前にゲットしていました。
せっかくだから、見に行きましょうと。夕食後、ふたりで滝まで歩いてきましたよ。

昼間とはまた少し違った表情の滝。

海辺で聞こえる波の音や、小川のせせらぎなんかもそうですけども。水の流れる音というのは、人の耳に心地よく、気持ちをすごく穏やかにしてくれる気がします。
いろんなこと、いろ~んなことあるけど、深呼吸して落ち着きなよ。って言ってくれてるように聞こえます。

20秒ほど延々と、ただ滝が流れるだけの動画です。興味のある方は、どうぞ。

 

宿までの帰り道。
またまた1.5kmほどの道のりを、てくてく歩きました。
途中、街灯がまばらでかなり暗い場所がいくつかあり。そこではね、星が、すごーくよく見えたんです。
わたしの高級カメラ(笑)では残念ながら、星空は撮影できないので。ここに載せられませんけれど、とても素敵な星空でした。

きれいだね、きれいだね。元ちゃんと一緒に見たかったね。一緒に歩きたかったねぇ。
などと言いつつ、空を見上げて歩きました。そのとき。

ぽろん。

って、星が落ちました。
あ。流れ星だ!!

たまたま、「ほら、あそこのさ、オリオン座の・・・」なんて話していたところだったんです。そう、ふたりでちょうど同じ方向を見上げていたときだったの。
だから、ふたりともしっかり目撃。

わたし。流れ星って、生まれて初めて見ました。

元ちがきっと、星をけとばして見せてくれたんだ。
一緒にあの星を見ていたのかもしれないな、と思いました。

 

でも。本当はね、そういうんじゃなくてさ。よりそって、元ちのぬくもりを感じながら、一緒に空を見上げたかった。
流れ星なんか見えなくてもいいから。げんげん、お空きれいだねぇって、話しかけたかった。

言ってもしょうがないってことは十分わかっているのですが、こんな言葉しか出てきません。

もっともっと、一緒にいられると思ってた。
いなくなっちゃうなんて、考えてもみなかった。

会いたい。

今は、それ以外の言葉がみつかりません。

 

 

★お・ま・け★

帰りに寄った友人宅のにゃんこです。
猫飼い初めてだという友人が、夏に突然2匹のミルク飲み姉妹の保護者となり、頑張って育てました。
お客さん大歓迎! のひと懐こい猫たちでしたよ。
写真はそのうちの1匹。小桃ちゃんです(*^^*)

 

Comments are closed.